シェアリングテクノロジー株式会社

放っておくとハチの巣は50cm以上に

暮らしのお困りごとを解決するプラットフォーム「生活110番」を運営するシェアリングテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役:共同経営者 篠 昌義・森吉 寛裕、以下シェアテク)は、2015年6月~2019年5月の4年間で、全国から寄せられたハチの駆除の相談に関するデータ135,911件をもとに実態を調査しました。

1.ハチ駆除の相談が多い地域

 本調査では、ハチが発生しやすい地域傾向と実態を知るため、市区町村ごとに1,000世帯あたりのハチ駆除の相談件数を集計しました。

 次の表1は、全国から寄せられたハチ駆除の相談件数におけるトップ10市区町村の一覧です。また、表2では東京23区・大阪市内・名古屋市内のうち、もっとも駆除相談が多かった区をまとめました。

 その結果、トップ5を占めたのは山梨県と長野県内の町村であり、三大都市トップの名古屋市緑区(4.3件)に対し、山梨県南都留群山中湖村では約8.9倍の38.3件にもなっていることが分かりました。

                表1・市区町村別駆除相談件数トップ10

              表2・三大都市のうち駆除相談件数がトップの地域

(表1・表2とも相談時に市区町村の申告があった125,780件に基づくデータ。世帯数は2015年国勢調査を参照)

山梨・長野でハチが発生しやすい理由

 上位の地域に共通点がないか調査をすすめていくと、これらのハチが発生しやすい地域は「避暑地」であることが見えてきました。

 1位の山中湖村には別荘が約3,800軒あり、山中湖村に住民票を置いている世帯数の2,372世帯を上回っています。2位の軽井沢町は古くから別荘地として人気のある地域で、町の統計によると町内には約15,900軒の別荘があるといわれており、住民票上の総世帯数8,479世帯を大きく上回ります(※)。これらの地域の特徴から、「避暑地」の中でも特に「別荘地」でハチの駆除相談が多いことが分かります。

 別荘は、夏の暑い時期など一時的に滞在することが多く、1年の大部分は人がいない状態です。そのうえ手入れが行き届いていないことも想定され、ハチは家の所有者に見つかることなく巣を大きくできる傾向にあるようです。

 実際にシェアテクへ寄せられた相談事例を確認すると、山中湖村では50cmほどの巨大な巣が少なくとも3件、軽井沢町でも4件見つかっていることからも別荘地の多い避暑地は、ハチが巣を作りやすい環境として最適であると考えられます。

(※)山中湖村ホームページ「山中湖村の概要」(2019年6月28日時点)参照

http://www.vill.yamanakako.lg.jp/docs/2013021900059/

軽井沢町ホームページ「平成30年度軽井沢町の統計」(2019年6月28日時点)参照

https://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1528425604611/index.html

2. 地域特徴によってハチの巣サイズにも大きな差

 ハチの巣はサイズが巨大になるほどその危険性も増していくため、巣の大きさに着目してデータを集計しました。

20cm以上の巣に成長する地域別傾向

 直径20cm未満の巣の割合は、東京都・神奈川県など人口の多い都市部の都府県で高くなっているのに対し、20cm以上の巣の割合が高いのは別荘地の多い避暑地である長野県(50.8%)、山梨県(48.0%)となっています。

                    図1・地域別の巣の大きさ

 一方で、表3の直径50cm以上の巣の駆除相談件数で見てみると、合計1,690件のうち神奈川県が最多の94件、東京都でも67件と大都市からの相談も少なくありません。

                表3・50cm以上の巣に関する問合せ件数

直径1.6mのハチの巣も発見

 中には1mを超える巨大な巣の駆除相談も4件受けており、1.6mのハチの巣も見つかっています。地域に関わらず、巨大な巣への警戒は怠らないようにしてください。

                 表4・巣のサイズと駆除相談件数

        (図1・表3・表4とも相談時に大きさの申告があった74,434件に基づくデータ)

3. 巣が大きくなる前の早めの対策が肝心

 通常、4~5月に女王バチが1匹で巣を作り始めるため巣の大きさは10cm未満であることがほとんどで、この間は働きバチがいないため駆除の難易度や危険度はそれほど高くありません。

 しかし、一般的に巣の大きさが20cm以上の場合、働きバチが活発に活動している可能性が高いことから自分で駆除するのは危険とされています。放置しておくと、表3のとおり巣が成長する可能性が高いため、ハチが巣を作り始めている段階ですぐに駆除することがベストです。

 もし自宅周辺にハチが飛んでいた場合は、巣が近くに存在する可能性があります。意図せずハチを刺激してしまうかもしれないため、日ごろから被害に遭わないように薄い色の服を着る、匂いの強い香水を付けないといった注意が必要です。

▼対策方法に関する参考

生活110番コラム「スズメバチの生態とは?その一生や種類、対策までわかりやすく解説!」

https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/37973/

 また、成長した巣が出来てしまった場合は、ハチ駆除業者に安全な方法で駆除してもらうことを推奨します。その際、巣のある場所や大きさ、地域など様々な要因により費用が異なるほか、業者によって駆除方法の違い・特徴もあるため、ご希望に合った最適な業者をお探しください。

■本調査データの収集元サイト

・生活110番:https://www.seikatsu110.jp/

・ハチ110番:https://www.hachi-seo.jp/

・総務省統計局:https://www.stat.go.jp/

・山梨県山中湖村:http://www.vill.yamanakako.lg.jp/

・長野県軽井沢町:https://www.town.karuizawa.lg.jp/

■会社概要

会社名 :シェアリングテクノロジー株式会社

所在地 :〒450-6319 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋19F

代表取締役 共同経営者: 篠 昌義・森吉 寛裕

設 立 :2006年11月24日

資本金 :6億7,468万円(払込資本13億1,437万円) ※2019年6月末現在

コーポレートサイト:https://www.sharing-tech.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ