佐倉市

2019年夏の特別企画「佐倉の夏!もののけの夏!すたんぷらりー」に参加しよう!ユニークな妖怪の名前がついた3種類のコースを用意。そのひとつ「かっぱ漁師コース」では、市内の文化施設を訪れて、設置スタンプを押す他に、“もののけ”にちなんだなぞなぞを解くことで、さらにスタンプをゲットできます!集めたスタンプ数に応じて、オリジナルの妖怪シールなどがもらえます。

期間中は、市内のレストランやお土産店で、お得なサービスが受けられる特典も。

スタンプは、1日で集めなくてもだいじょうぶなので、小さなお子さんも気軽に楽しめます。市内のお店で涼をとりながら、佐倉のゆるかわ妖怪の名前がついた3つのコースを巡ろう!

「すたんぷらりー」ポスター

◇イベント名

「佐倉の夏!もののけの夏!すたんぷらりー」

◇期間

2019年7月20日(土)~9月8日(日)

◇内容

スタンプラリーのコースは、(1)文化施設でスタンプを集めるコース、(2)国立歴史民俗博物館で錦絵を完成させるコース、(3)9月7日限定のコースの3種類。参加無料。

スタンプラリーの台紙は、JR佐倉駅前観光情報センター、佐倉市観光協会、各文化施設、協賛店舗などで配布しています。

※高校生以上は、一部入館料が必要なスタンプ設置施設があります。

(1)かっぱ漁師コース 開催:7月20日(土)~9月8日(日)

文化施設に設置したスタンプを押そう!

なぞなぞに答えてさらにスタンプをゲット!

集めたスタンプで、オリジナル妖怪シールとシール台帳をプレゼント。

【スタンプ設置施設】武家屋敷・旧堀田邸・佐倉順天堂記念館・佐倉市立美術館・国立歴史民俗博物館

※期間中の休館日:7/22(月)、29(月)、8/5(月)、13(火、※国立歴史民俗博物館は開館)、19(月)、26(月)、9/2(月)

(2)ネコっ子娘。コース 開催:7月30日(火)~9月8日(日)

国立歴史民俗博物館の特集展示「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」企画展示室前の体験コーナーで錦絵を完成させよう!

オリジナル妖怪シール3枚と選べる景品(数量限定)がもらえます。

【錦絵作成場所】国立歴史民俗博物館 企画展示室前体験コーナー

国立歴史民俗博物館では、7月30日(火)~9月8日(日)の期間中、特集展示「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」を開催しています。

開館  9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌日が休館)

※8月13日(火)は臨時開館

入館料 一般600円、大学生250円、高校生以下無料

URL  https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/special/index.html

月岡芳年「於吹島之館直之古狸退治図」大判錦絵3枚続 慶応2年(1866) 国立歴史民俗博物館蔵

(3)チャガーマンコース 開催:9月7日(土)限定

佐倉城址公園周辺で開催する青年会議所主催のイベント「みらいいち」のスタンプを集めよう!

妖怪シールをゲットしたら限定スタンプを6個集めて、メインフォーラム「SDGsトークセッション」(15:30~、佐倉市民体育館)に参加。豪華賞品(旅行券5万円分、人気ゲーム機、有名テーマパークペアチケット)の当たる抽選会にチャレンジしよう!

【スタンプ設置場所】佐倉城址公園・佐倉市民体育館・国立歴史民俗博物館・麻賀多神社・ひよどり坂

※9月7日は、イベントの一環で国立歴史民俗博物館、くらしの植物苑がどなたも入場無料です。

◇景品交換所

(1)JR佐倉駅前観光情報センター(千葉県佐倉市六崎235)

営業 9:00~17:00(期間中無休)

電話 043-485-9700

(2)佐倉市観光協会(千葉県佐倉市栄町8-7)

営業 8:30~17:00(期間中無休)

電話 043-486-6000

※9月7日(土)のみ、佐倉市民体育館でも妖怪シールと景品交換可能(10:00~17:00)

※スタンプラリーの参加・景品の交換は、おひとり様1回につきスタンプ台紙1枚ずつとさせていただきます。なお期間中は何度でも挑戦できます。景品は、なくなり次第配布を終了します。

オリジナル妖怪シール(一例)

◇主催

佐倉市、佐倉市教育委員会

◇協力

国立歴史民俗博物館、一般財団法人 歴史民俗博物館振興会、株式会社日京クリエイト、公益社団法人 佐倉市観光協会、佐倉商工会議所、公益社団法人 佐倉青年会議所、佐倉城下町商店会、商栄会

◇お問い合わせ

佐倉市 広報課

住所:千葉県佐倉市海隣寺町97番地

TEL:043-484-6101

URL:http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/mononoke/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ