第11回 DXフォーラム
~ニューノーマル時代を切り拓くDXの推進~
Day12021.11.24(水)10:00〜16:35
Day22021.11.26(金)9:50〜16:35
  • 第8回 ワークスタイル改革フォーラム
  • 第3回 Marketing & Sales Innovation Forum
  • 第6回 リテールDXフォーラム
  • 第4回 ものづくりイノベーション
  • JBpress サステナビリティ&ダイバーシティイニシアティブ
  • 【特別企画】従業員エンゲージメントフォーラム~離職予防の観点で捉える、従業員との信頼の築き方~
  • 【特別企画】データドリブンフォーラム
  • 【特別企画】“現場のDX”フォーラム~DXの救世主は「ノーコード」~
  • 【特別企画】アジャイル経営フォーラム~イノベーションが起きる組織づくりとは~
  • 【特別企画】ESG経営フォーラム~運用会社の視点に学ぶESG経営の未来~
  • 【特別企画】業務イノベーションフォーラム~ビジネスを加速させるコミュニケーション改革~
展示会(30ブース以上出展)

JBpress NIGHT

以下の「共通登録ページ」にご登録いただければ、「第11回 DXフォーラム」のほか、
上記の全てのオンラインセミナー、展示会場内のコンテンツ、JBpress NIGHTのコンテンツを視聴・閲覧できます。

好評につきお申込み受付を終了いたしました
たくさんのお申込み、誠にありがとうございました
Day12021.11/24(水)

黒川 通彦

マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・デジタル パートナー

内山 悟志

株式会社アイ・ティ・アール

会長 エグゼクティブ・アナリスト

夏野 剛

株式会社KADOKAWA

代表取締役社長

慶應義塾大学

政策・メディア研究科 特別招聘教授

井上 智子

オムロンベンチャーズ株式会社

代表取締役社長

松尾 豊

東京大学

工学系研究科・教授

Day22021.11/26(金)

久夛良木 健

アセントロボティックス株式会社

CEO 代表取締役(ソニー・コンピュータエンタテインメント 元会長)

西口 尚宏

一般社団法人Japan Innovation Network

代表理事

田中 道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)

教授

北川 竜也

株式会社三越伊勢丹

MD統括部 オンラインクリエイショングループ
EC運営部 部長

冨山 和彦

株式会社経営共創基盤(IGPI)

グループ会長

株式会社日本共創プラットフォーム(JPiX)

代表取締役社長

開催概要

日本企業における最優先の経営課題といえるのがデジタルトランスフォーメーション(DX)です。それはデジタル技術を駆使しながら、持続可能なビジネスモデルの構築を目指し、組織を変え、人材を育成し、カルチャーを刷新するという全社的な活動であり、経営トップのコミットメントの下で行われる企業変革そのものです。本セミナーでは、喫緊の課題となったDXの実現について、求められるマインドセットや人・組織の在り方、押さえておくべき最先端デジタルテクノロジーのトレンドやその活用法までを総合的に考察します。

日 時
2021年 11月24日(水)10:00 〜 16:35 / 11月26日(金)9:50 〜 16:35
主 催
株式会社日本ビジネスプレス(JBpress)
協 力
HRプロ
受講料
無料(事前登録制)
受講対象者
  • 経営者、役員、部門長クラスの方々
  • DX部門、経営企画部門、事業開発部門、 マーケティング部門、IT部門の方々

※企業・団体にご所属でないお客さまにつきましてはご参加いただけません

協賛社
Denodo Technologies 株式会社MCAFEE ENTERPRISESplunk Services Japan 合同会社アクセンチュア株式会社アステリア株式会社インフォマティカ・ジャパン株式会社株式会社キーエンス株式会社サーバーワークス株式会社セゾン情報システムズパーソルグループ株式会社マネーフォワードレクシスネクシス・ジャパン株式会社レッドハット株式会社
併 催

本セミナーは、11のオンラインセミナーと30以上のブースが出展するバーチャル展示会で構成する複合オンラインイベント「JBpress World 2021」の一部として開催します。

  • 第8回 ワークスタイル改革フォーラム
  • 第3回 Marketing & Sales Innovation Forum
  • 第6回 リテールDXフォーラム
  • 第4回 ものづくりイノベーション
  • JBpress サステナビリティ&ダイバーシティイニシアティブ 
  • 【特別企画】従業員エンゲージメントフォーラム ~離職予防の観点で捉える、従業員との信頼の築き方~
  • 【特別企画】データドリブンフォーラム
  • 【特別企画】“現場のDX”フォーラム ~DXの救世主は「ノーコード」~
  • 【特別企画】アジャイル経営フォーラム~イノベーションが起きる組織づくりとは~
  • 【特別企画】ESG経営フォーラム ~運用会社の視点に学ぶESG経営の未来~
  • 【特別企画】業務イノベーションフォーラム~ビジネスを加速させるコミュニケーション改革~
Day12021.11/24(水)
10:00
10:30

黒川 通彦

マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・デジタル パートナー

大阪大学基礎工学部卒業。アクセンチュアを経て現在に至る。マッキンゼー・デジタルグループのリーダー。23 年以上にわたり日本のデジタル変革を牽引してきた経験とコア・テクノロジーの知見を活かし、デジタル・アナリティクス技術を用いた生産性改善、コアテクノロジー・モダナイゼーション、データドリブン経営、新規ビジネス構築などを含む全社変革支援をリードしている。
基調講演

生き残るためのDX
ー新しい資本主義時代を生き抜く、サステナブルな価値創造企業への再生ー

コロナを契機として、サステナブルな世界に舵を切るための「ステークホルダー資本主義」の時代が幕を開けしました。これにより、今まで企業ごとに同床異夢となっていたDXの目的が明確になりました。つまり「サステイナブルな世界を実現する一員として、“価値創造企業になる事”」これが、DXの真の目的です。一方で、この変革に失敗した企業は、世界市場からの退場を宣告され、淘汰されてしまいます。そこで、本講演では、新時代を生き抜くためのDXを進める際に、日本企業に立ちはだかる大きな壁と解決策を中心に、経営陣がどのようにチャンジマネジメントを進め、組織を変え、社会を変えていく会社に、再生し、変革し、持続させていくべきなのかを、マッキンゼーの経験を中心に解説します。この未曾有の危機にこそ、日本企業が一致団結により、ピンチをチャンスに変えましょう。そして再び世界で輝く、DXの先の日本を、一緒に創っていきましょう。

10:35
10:55

菊池 智功

Denodo Technologies 株式会社

ソリューション・コンサルタント

セッションⅠ

企業に革新をもたらすデータドリブンな意思決定へ~先進的DXのためのデータ統合基盤~

デジタルトランスフォーメーション(DX)が最優先の経営課題となりつつある中、デジタル技術を駆使して多種多様に散在する“データ”に価値を与え、活用し、競走優位に導くデータドリブンな意思決定を可能とするデータ統合基盤が求められます。本セッションでは、革新的DXを実現する最先端のデータ統合基盤として注目されているデータ仮想化プラットフォームについて国内外の事例とともに解説します。

11:00
11:20

荒井 雅人

パーソルキャリア株式会社

タレントシェアリング事業部 i-common techサービス責任者

セッションⅡ

IT人材の獲得競争激化で加速するDX推進のための"外部人材活用"

あらゆる企業がDX推進を掲げる中、IT人材は不足しており、獲得競争はますます激化しています。中途採用を検討するケースも多い一方で、IT人材の有効求人倍率は上昇の一途を辿っており、外部人材を上手く活用する必要性が高まっています。本講演では、フリーランスエンジニアのマーケットデータや、外部人材の活用方法、成功事例などをご紹介します。

11:25
11:55

内山 悟志

株式会社アイ・ティ・アール

会長 エグゼクティブ・アナリスト

大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパン(現ガートナー ジャパン)でシニア・アナリストとして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し代表取締役に就任、プリンシパル・アナリストとして活動。2019年2月に会長/エグゼクティブ・アナリストに就任 。ユーザー企業のIT戦略立案・実行およびデジタルイノベーション創出のためのアドバイスやコンサルティングを提供している。
特別講演Ⅰ

いまさら聞けないDX実践施策 ~経営者にもわかるデジタル化の本質と事例~

DXでは新規事業の創出やビジネスモデルの変革が注目されがちですが、社内の現場業務や顧客接点など多岐にわたる施策が考えられます。本講演では、経営者が知っておくべきデジタル技術の本質について適用事例を交えて俯瞰的な視点からご紹介します。

13:00
13:30

夏野 剛

株式会社KADOKAWA

代表取締役社長

慶應義塾大学

政策・メディア研究科 特別招聘教授

早稲田大学政治経済学部卒、東京ガス入社。ペンシルバニア大学経営大学院(ウォートンスクール)卒。ベンチャー企業副社長を経て、NTTドコモへ。iモード、おサイフケータイなどの多くのサービスを立ち上げ、ドコモ執行役員を務めた。現在は慶應大学、近畿大学の特別招聘教授のほか、KADOKAWA社長、ドワンゴ社長、そして多くの企業の社外取締役を兼任。内閣府規制改革推進会議議長なども務め、数多くの政府の委員会等に参加。
特別講演Ⅱ

アフターコロナに向けて~日本企業が今取り組むべき課題~

コロナ禍は日本のデジタル化への遅れを露呈しました。ワクチン接種が進み、アフターコロナへの兆しが見える中、日本企業がこれからどのような課題にどのように立ち向かっていくべきなのか、企業経営者であり政府の委員会にも数多く識者として参加している講師が解説します。

13:35
13:55

野永 裕希

株式会社マネーフォワード

マネーフォワードビジネスカンパニークラウド経費本部

セッションⅢ

企業変革の第一歩!電子帳簿保存法改正による電子取引・電子保存運用の始めかた

2022年1月の電子帳簿保存法の改正を機に、請求書・領収書の電子化から業務改善・決算早期化につながる取り組みを行いたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。本セミナーでは、電子帳簿保存法の改正概要と電子取引・電子保存の始めかたについてご紹介いたします。

14:00
14:20

堀岡 誠

株式会社セゾン情報システムズ

リンケージビジネスユニット ビジネス開発部 部長

セッションⅣ

経営企画部門の業務改革・体験談~終わらないデータ準備から脱却し、戦略立案に集中しよう~

経営会議で各部門がそれぞれの観点やフォーマットで資料が作成され、経営層が俯瞰的に企業の現状把握や、問題点を気づくのが難しいというのは多く企業が抱えている課題ではないでしょうか?当社も過去同じ課題を経験しており、それが大型案件の開発遅延から多額の賠償金を支払う事態に至りました。その後、本格的にデータドリブン改革を実施して立ち直ることに成功しました。本セッションでは、当社過去の経緯、改革の内容をご紹介いたします。

14:25
14:55

井上 智子

オムロンベンチャーズ株式会社

代表取締役社長

2018年4月よりオムロンのCVC代表、2020年9月より共創デザインセンタ長兼務。オムロン以前は、産業革新機構(現 産業革新投資機構)にて医療機器のベンチャーキャピタルの設立、運営、ベンチャー投資に携わる。一橋大学経済学部卒、ペンシルベニア大学ウォートン校MBA、東京女子医科大学早稲田大学共同大学院共同先端生命医科学専攻修了博士(生命医科学)、スタンフォード大学バイオデザインプログラムファカルティフェロー。
特別講演Ⅲ

オムロンがCVC/共創戦略で描く未来

コロナにより社会の進化が加速し、部分最適の集合体を全体最適と捉える世界から「エコシステムの最適化」を目指す世界に急速に変化しています。「持続可能性」を価値基準とする新しい資本主義の台頭により、ゲームのルールが大きく変わりつつあります。このような世界で、オムロンのCVCとして、どのようにオムロンの変革を推進し、ベンチャーとの共創によりどのような未来を創造しようとしているのか、ご紹介させていただきます。

15:00
15:20

東出 武也

アステリア株式会社

マーケティング本部
副本部長

セッションⅤ

アプリ作成からデータ活用まで人材不足をスピーディーに解消、ノーコードツール活用の極意

DXを推進する上で、システムの整備やIT人材の確保、内製化へのシフトなど課題は山積みです。これらの課題を解決し、アナログ業務のデジタル化からシームレスなシステム連携、データ活用までを実現する「Platio」「ASTERIA Warp」の事例を交えて、ノーコードツール活用のポイントをご紹介します。

15:25
15:45

松本 浩彰

Splunk Services Japan 合同会社

ITOA スペシャリスト

セッションⅥ

AIOps を梃子にした IT オペレーションのモダナイズによる、IT運用者のワークスタイル変革の必要性

現在 AI やビックデータの活用により、ITオペレーションの在り方も大きな変革期を迎えつつあります。IT オペレーションに関わる人材の減少に対処する為にも、労働集約的なスタイルから脱却し、知識集約的でスマートなITオペレーション業務を創造しなければなりません。本セッションでは AIOps を中心に、今起こりつつある IT オペレーションのスタイルの変化について解説します。

15:50
16:30

松尾 豊

東京大学

工学系研究科・教授

2002年東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。2007年より、東京大学大学院工学系研究科准教授。2019年より同教授。専門分野は、人工知能、深層学習、ウェブマイニング。2017年より日本ディープラーニング協会理事長。2019年よりソフトバンクグループ社外取締役。2020年より人工知能学会、情報処理学会理事。
特別講演Ⅳ

DX時代のAI(ディープラーニング)活用

DXが進展しており、国全体あるいは企業の中でのDXの推進は喫緊の課題です。本講演では、AIあるいは深層学習の技術進化と、DXの方向性について述べるとともに、どのようにDXを推進していくべきか、またそのために組織づくりや人材育成はどうあるべきかなどについて述べます。

Day22021.11/26(金)
09:50
10:30

久夛良木 健

アセントロボティックス株式会社

CEO 代表取締役(ソニー・コンピュータエンタテインメント 元会長)

電気通信大学卒。ソニー株式会社入社。株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント設立。「プレイステーション」の開発を指揮、同社会長兼グループCEO、ソニー(株)副社長兼COOを歴任。サイバーアイ・エンタテインメントを設立、代表取締役社長CEO、アセントロボティックス株式会社CEO代表取締役。楽天株式会社社外取締役、電気通信大学特別客員教授、東京理科大学上席特任教授、近畿大学情報学研究所客員教授。
基調講演

企業内イノベーションの起こし方

なぜ日本の大企業の中から画期的なイノベーションが起きないのか?戦後の日本の復興を支えた基幹産業群が陥った「モノ造り大国」の罠と失われた30年の原因分析を通して、世界規模で急速に進行中のDXの潮流に今後いかに対応すべきかを解説します。

10:35
10:55

山田 義和

レッドハット株式会社

グローバルプロフェッショナルサービス プリンシパルアーキテクト

セッションⅠ

新しい価値を創造する組織のあり方

VUCAの時代、企業は生き残りをかけて、ビジネス成長実現のために業態や製品、サービス、開発プロセスなど多方面で変革を起こそうとしています。安定を求めてきたIT部門も例外ではなく、特にアジャイル・スクラム文脈では先陣を切って、ビジネスアジリティを実現、ビジネス部門と共に新しい価値創造をドライブしていくことが期待されています。領域横断的なキーワードが頻出する昨今のIT運営。この組織変革の課題、ゴールを考察します。

11:00
11:20

三原 哲

アクセンチュア株式会社

テクノロジー コンサルティング本部 データグループ日本統括 マネジング・ディレクター

森本 卓也

インフォマティカ・ジャパン株式会社

セールスコンサルティング本部 CoE ソリューションアーキテクト & エバンジェリスト

セッションⅡ

ビジネスの最前線におけるデータ活用の理想と現実~データを「経営資産」にするためのアプローチとは~

企業競争力を高めるためのDXやデータ活用が重要視されている今、データの価値を最大限に高め、DXを加速するプラットフォームの策定やその仕組みづくりなど、データマネジメントの高度化に社をあげて取り組む企業が増えています。しかし、こうしたトップダウンの取り組みが業務部門やIT部門に変革をもたらし、成果に繋がっているかというと、現実との乖離は大きいのが実情です。本セッションでは、ビジネスの最前線で業務改革に取り組む中で浮き彫りになってきた理想と現実の狭間にあるデータ活用の根本課題と真因について再定義し、データを価値ある経営資産とするためのアプローチについて考察します。

11:25
11:55

西口 尚宏

一般社団法人Japan Innovation Network

代表理事

2013年から数多くの大企業の経営者、ミドル、ジュニアと連携して、企業内からイノベーション興す取り組みを続けており、数多くの成功事例を創出。世界各国のスタートアップとの連携や、イノベーション・マネジメントシステムのISO化においては、日本を代表して原案作成を行うなど、世界各国との連携にも注力している。SDGsをイノベーションの機会として捉える「SHIP(SDGs Holistic Innovation Platform)」をUNDPと共同運営。
特別講演Ⅰ

「両利きの経営」をイノベーション・マネジメントで実現するには?

組織の中で持続的なイノベーション活動を行うためには、既存事業の発展とは別に、イノベーション活動のための新たな自社イノベーション・マネジメントシステム(IMS)を構築し、新たな成長エンジンを持つことが必要です。それが「二階建てイノベーション経営」で、「両利きの経営」とも近い概念です。本日は、イノベーションを取り巻く世界の変化、イノベーション活動の成功確率向上に必要なIMSについてご説明致します。

13:00
13:30

田中 道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)

教授

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授。シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスMBA(ストラテジー、ファイナンス、計量経済を専攻official concentration)。専門は企業戦略&マーケティング戦略及びミッション・マネジメント&リーダーシップ。上場企業取締役や経営コンサルタントも務めている。 テレビ東京WBSコメンテーター。NewsPicksプロピッカー。
特別講演Ⅱ

世界最先端のDX戦略

DXの勝者が次に目指すのは「脱炭素」と「公平・公正」。“デジタル×グリーン×エクイティの時代”。クルマ、IT、電機・電子、電力・エネルギー、通信、金融…全産業の秩序がコロナ禍で激変しているなかで、覇権を握るのは誰か?テスラ、アップル、セールスフォース、ウォルマート、マイクロソフト、ペロトン、アマゾン、DBS銀行などのグランドデザインを徹底解説致します。

13:35
13:55

櫻田 昌己

MCAFEE ENTERPRISE

セールスエンジニアリング本部 第一エンタープライズSE部 シニアセールスシステムズエンジニア

セッションⅢ

機密情報に誰もがアクセスできていませんか?「信用しない」ゼロトラストから始める情報セキュリティ

サイバー攻撃の脅威が増加する中、働き方改革に加えリモートワークがより加速し、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを検討、開始されているのではないでしょうか。業務のデジタル化が進む一方で、情報セキュリティリスクの新たな課題に直面しています。本セッションでは脅威対策と保護対策として、全てのアクセスを「信用しない」ゼロトラストを実現する手段をユースケースを交えながらご紹介します。

14:00
14:20

大石 良

株式会社サーバーワークス

代表取締役社長

セッションⅣ

今考えるべき、IT人材不足を乗り越える3つのポイント コスト最適化を実現する内製化とITベンダー活用方法

デジタルイノベーションが世界的に加速する中で、高度な技術を持つ人材の育成・獲得が極めて重要です。また、IT活用とコスト最適化が求められ、今後の大きな課題となっています。本セッションでは、AWS導入実績930社以上、お客様満足度90%を誇るサーバーワークスの代表取締役社長 大石が登壇し、人材不足の中でも社内人材が本来取り組むべき業務に100%取り組むためのポイントについて解説いたします。

14:25
14:55

北川 竜也

株式会社三越伊勢丹

MD統括部 オンラインクリエイショングループ
EC運営部 部長

大学卒業後、国連の活動を支援するNGOで国際法廷設立等のプロジェクトに従事。日本帰国後、株式会社スコラ・コンサルトにて企業風土改革に携わった後、クオンタムリープ株式会社にて新事業創出支援やベンチャー企業支援等を担当。その後、アレックス株式会社の創業に参画。越境EC事業の立ち上げ、運営を行う。2013年に三越伊勢丹入社。主にデジタル領域、新規事業領域を担当。現在はMIオンラインを中心とするEC全般の運営を担当。
特別講演Ⅲ

三越伊勢丹のDXの取組みとオンライン戦略

デジタル化の波、コロナ禍・・・、市場やお客様が求める価値とその提供手段が大きく変化する中、企業として抜本的に変わるべきところと変えてはいけないところは何か。300年を超える歴史の中で培ってきたお客様との関係性、ブランドをベースとしながら、三越伊勢丹だからこそ提供できる価値を改めて定義し、アップデートして、あらゆるチャネルで提供するためのDXの取組、オンライン戦略をお話します。

15:00
15:20

柘植 朋紘

株式会社キーエンス

データアナリティクス事業グループ マネージャー

セッションⅤ

キーエンスの高収益を支える「データ活用 7つのヒント」(特別版)

キーエンスの社名の由来は、Key of Science。営業利益率50%を超える高収益は、科学的なデータ活用が支えています。本セッションでは、キーエンスのセミナー『データ活用 7つのヒント』の中から3~4ヒントを選び、20分でご紹介します。累計20,000人以上の方にご参加いただいた人気のセミナー。キーエンスのデータ活用のコダワリの一部を、お感じいただければ嬉しいです。

15:25
15:45

神戸 博之

レクシスネクシス・ジャパン株式会社

製品開発部・シニア プロダクト デベロップメント マネージャー

セッションⅥ

"出来ているはず"からの脱却!システムを活用した企業コンプライアンス・リスクの可視化

近年、不祥事による風評被害やブランドイメージの失墜など、コンプライアンスリスクが企業経営の課題として取り上げられています。企業にとってもっとも危険なことは、コンプライアンスはできているだろう、というあやふやな状態でビジネスを進めることではないでしょうか?本公演ではそのような課題解決のヒントとして、LexisNexis ASONEを活用したシステムソリューションをご紹介いたします。

15:50
16:30

冨山 和彦

株式会社経営共創基盤(IGPI)

グループ会長

株式会社日本共創プラットフォーム(JPiX)

代表取締役社長

ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役を経て、2003年 産業再生機構設立時に参画しCOOに就任。2007年経営共創基盤(IGPI)を設立し代表取締役CEO就任。2020年10月より現職。2020年日本共創プラットフォーム(JPiX)設立、代表取締役社長。パナソニック社外取締役、経済同友会政策審議会委員長、政府関連委員等多数。東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA)、司法試験合格。
特別講演Ⅳ

DX時代のコーポレートトランスフォーメーション(CX)~本気で会社を変えるために必要なことは何か~

DXとそこから派生する大きな産業構造の変化に対応して会社のカタチの根本にかかわる改造・創造を的確に行うことは、大企業から中堅・中小企業、スタートアップに至るまで、あらゆる企業経営における普遍的な課題です。企業・組織のあり方を変革するために、今、本気で取り組むべきことは何か、様々な経営の現場に直面してきた経験に基づくリアルノウハウをお話致します。

JBpress NIGHT(夜の部)では、忙しいビジネスパーソンが普段立ち止まって考えないことを深掘りして議論する音声コンテンツ、人気お笑いコンビのミルクボーイさんをゲストにお迎えし展開するSDGs前夜祭などのプログラムをご用意しています。

EXHIBITION HALLバーチャル展示会場

  • DX zone

    DXゾーン

  • Work Style
    Innovation zone

    ワークスタイル改革ゾーン

  • Marketing & Sales
    Innovation zone

    マーケティング & セールス
    イノベーションゾーン

  • Retail DX zone

    リテールDXゾーン

  • Manufacturing
    Innovation zone

    ものづくり
    イノベーションゾーン

  • Logistics
    Innovation zone

    物 流
    イノベーションゾーン

  • Construction
    Innovation zone

    建 設
    イノベーションゾーン

  • Security zone

    セキュリティ
    改革ゾーン

配信について
《ご注意事項》
  • 視聴できるのは、事前のご登録をいただいた方のみとなります。
  • セミナーの内容の録画、録音、撮影、転送、スクリーンショットなどについては固くお断りさせていただきます。
  • また、登録された方以外の視聴はご遠慮ください。(システム上、1つのURLにつき、複数名での視聴はできません)
  • 動作環境に関しましては下記URLをご確認くださいませ。
    https://ja.player.support.brightcove.com/references/brightcove-player-system-requirements.html
  • ネットワーク環境が良い場所で視聴をお願いいたします。
  • 当セミナーのシステムはサービスの安定運用に万全を尽くしておりますが、お客様の環境やそのときの回線状況によりましてはやむを得ず中断・遅延の可能性がございますので、ご了承ください。