日本政界では世襲制は当たり前だが、米政界大統領の子供が大統領(大統領候補)になったのは、ジョン・アダムス(第2代)、ジョン・クエシー・アダムス(第6代)とジョージ・ブッシュ(第41代)、ジョージ・W・ブッシュ(第43代)ぐらいしかいない。 そうした中でジョン・F・ケネディ(第35代)元米大統領、ロバート・ケネディ司法長官やエドワード・ケネディ上院議員(それぞれ大統領候補)を輩出したケネディ家は米屈指の名門として知られてきた。 ジョンとロバートが相次いで暗殺されるという「悲劇」が「ケネディ」という家名に「米民主主義を守るために殉教した一族」といった「キャメロット神話」を作り上げてしまった。 その