ニット素材を使った、かぶり形式のトップス。一般的にセーターと呼ばれるアイテムは、シャツなどの上に重ねられる最もベーシックな保温服のひとつ。なかでも丸首形状であるクルーネック型は、インナーのシャツが襟付きだろうと襟なしだろうと重ねやすいところがポイントだ。そして着回しという観点で考えるなら、ハイゲージと呼ばれる細編みによる無地の薄仕立てが最も便利。というのも、薄手であるからジャストサイズのジャケットの下に着込んでも窮屈でないし、夏以外の3シーズン(特に春先や秋口などの微妙な気温の季節)において、衣服内温度の調整役として非常に有効であるからだ。 洒落感の面でもハイゲージセーターはメリットがある。細