注目された3月18~19日の日銀金融政策決定会合は、①イールドカーブ・コントロール(YCC)の廃止、②無担保コールレートの誘導目標を▲0.1%から+0~0.1%程度へ引き上げ、③ETF(上場投資信託)・JREIT(不動産投資信託)の購入停止という引き締め方向の決定を下した。 日銀にとっては実に17年ぶりの利上げとなる。 マイナス金利解除とともに注目されていた長期国債買い入れ規模の取り扱いに関しては、当面は現状と同程度(月6兆円程度)で維持されることが決まっており、後述するように、この部分が今会合のタカ派色をかなり相殺したように感じられた。 為替市場の反応もこの部分の影響が強いように思う。 細か