9月中旬、第2次岸田第2次改造内閣人事と自民党の役員人事が発表された。下世話目線であることへの自覚なら大いにあるが反省はあまりない当コラムとしては、文春砲をさんざん受けて人妻風俗の上顧客とまで私生活をバラされた「岸田政権の石原裕次郎」、岸田総理の最側近である木原誠二前官房副長官がどう配置されるのかが個人的に最大の関心事であった。 が、副官房長官留任を固辞したという木原氏は、党政調会長特別補佐と幹事長代理を兼任という、政治記者たちが度肝を抜かれたほど異例の重用されっぷり。その異例さに木原氏の参謀としての異能が表れているように感じ、昭和のレトロフレーズ「英雄色を好む」を噛み締めた次第である。 それ