9月23日、秋分の日の中国時間の午後8時(日本時間午後9時)、史上最も豪華絢爛な第19回アジア大会の開会式が、浙江省の省都・杭州の「オリンピック・スポーツセンター・スタジアム」で開かれた。中国でアジア大会が開かれるのは、1990年の北京、2010年の広州に続いて3回目だ。 習近平主席にとって杭州は、2002年から2007年まで共産党委員会書記として君臨した「思い出の地」であり、いま再び、自らスタジアムに乗り込んで、錦を飾ったのである。習主席は、2016年9月のG20(主要国・地域)サミットの開催地にも、杭州を選んでいる。 私は2時間10分にわたる開会式の模様を、CCTV(中国中央広播電視総台)