AI(人工知能)は差別する――。 最近のAI関連ニュースに触れている方であれば、嫌と言うほど聞かされてきた指摘だろう。機械であるはずのAIが差別という感情的な行為に走るというのも、考えてみればおかしな話だが、近年主流のAI開発手法である機械学習では、バイアス(偏見)は根絶が非常に難しい問題のひとつとなっている。 簡単に言ってしまえば、機械学習は「過去に学ぶ」という手法だ。 たとえば、過去の売り上げデータをAIに渡して、そこに「気温が30℃以上になるとアイスの売り上げが倍になる」というパターンがあれば、AIは「来週気温が30℃以上になりそうな日があるなら、アイスの仕入れを倍にしておくべき」という