1on1が広く認知されるにつれて、企業から講演会や研修を依頼される機会が増えました。私の場合、90分、120分の講演は基本的にお断りしていて、180分、あるいは丸一日の講演と演習をベースにしています。 なぜ長めの時間をもらうのかというと、講演の初めに、僕の1on1をデモで見てもらったうえで、解説し、実際にやってみて難しさを経験する。これが一番早いから。僕がやってきた1on1と、自分たちの1on1の違いを肌で感じて、自分でやってみると、その後の話もすっと入ると思うんです。 デモでは、必ずその会社の方に出てきてもらいますが、「話しやすかった」という反応になることが多い。 僕の1on1がうまいという