中国が国境を再開し、政治家や外交官、ビジネスに携わる人々などの対面交流が再開されたときには、夕食会や首脳会談、世間話などが次々に行われて米中間の緊張が和らぐと期待した向きもあるかもしれない。 だが、北京の今この瞬間の雰囲気からは、世界で最も重要な関係がますます悪化し、敵対的になっていることがうかがえる。 政府の建物のなかでは、共産党の幹部らが米国の措置は「いじめ」だと憤っている。米国は中国を叩きつぶす気なのだと毒づいている。 西側諸国の外交官たちは、威嚇と猜疑心が入り交じった雰囲気だと形容している。 高級ホテルの釣魚台国賓館で開かれた中国発展ハイレベルフォーラムに参加した多国籍企業の経営幹部た