日本は今後数カ月で、恐らくは忘れたい記念日を相次ぎ迎える。 だが、中国の指導部にとっては、しっかり認識しておくのが賢明な日付だ。不動産バブルによって時計がチクタクと動き出した時限爆弾の爆発だからだ。 何しろ昨今は、一部の人に言わせれば、明らかにこだまが響く時代だ。 新たな調査リポートは、用心を怠ると、中国は新たな日本化の波に向かう恐れがあると示唆している。 2003年に、日本はもう万事が順調だと自らを騙すことができなくなった。1990年代は同国を、一時は米国を追い抜けるように思えた軌道から突き落とした。 その後、1980年代の虚飾の時代に山のように積み上がった不良債権の処理を誤ったことで、日本