「ロシアが終わったとは思うな」 これはモスクワ駐在経験が長い欧州の外交官がつぶやいた警告の言葉だ。妥当な指摘だ。 ウラジーミル・プーチンのウクライナ侵攻は、計画がひどく狂った。 だが、ロシアは今も豊富な資源を抱える巨大な国であり、情け容赦ない、残忍な政府をいただいている。 ウクライナの諜報機関は、追加の徴兵活動によってロシアが年内の新たな攻撃で総勢200万人の部隊を配備できるかもしれないと考えている。 ウクライナ大統領のウォロディミル・ゼレンスキーは最近、ロシア軍がまもなく首都キーウ(キエフ)制圧を目指す新たな攻撃に乗り出すかもしれないと警告した。 だが、戦場でのブレークスルーでさえ、ロシアに永