藤井聡太五冠(20=竜王・王位・叡王・棋聖・王将)の進化と活躍がますます顕著だ。2020年に初タイトルの棋聖を獲得して以来、前記のタイトルを次々と獲得し、防衛戦も制している。一流棋士や強敵と対戦するタイトル戦で、2年以上にわたって11期連続で勝利しているのは、驚異的な記録である。 2023年の初頭のタイトル戦は、藤井王将に羽生善治九段(52)が挑戦している王将戦七番勝負。 歴史を築いてきた「平成の王者」の羽生と、歴史を塗り替えている「令和の最強者」の藤井が、タイトル戦で初めて対決したことで大いに注目されている。 羽生と藤井の年齢差は31歳9ヵ月。1994年の名人戦で、当時23歳の羽生棋聖が米長