死なないはずの人が死んでしまった。 そのようにしか表現できません。2022年末の12月28日にもたらされた建築家、磯崎新氏の訃報です。 磯さん。私たちはそう呼んでいました。彼の訃報は単に一建築家の死という以上の大きな損失をもたらしてしいます。 端的に言って2023年、磯崎さんには日本のためにやってもらうべき大仕事がありました。「札幌オリンピック案」の解体です。これができるのは彼しかいなかった。その磯さんが亡くなってしまった。 すでに2016年6月にJBpressで紹介したように(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47016)、磯崎さんは「福岡オリンピッ