韓国は、8月に米韓指揮所演習、9月下旬に米韓海軍実働演習、そして10月末から米韓空軍実働演習を実施した。 海軍演習では空母「ロナルド・レーガン」を含む空母打撃群が日本海に入り、空軍演習では、最新ステルス戦闘機「F-35」を含む約240機が参加した。 北朝鮮の立場から考えれば、米韓軍事演習をやめさせるために「軍事的な対抗措置も辞さない」と強く反発してきたにもかかわらず、実施されてしまった状況だ。 これまで、北朝鮮の金与正党副部長は韓国に対して、米韓軍事演習を実施すれば「必ず代償を払うことになる」「危険な軍事演習は必ず自らをより重大な安全保障の脅威に直面させるだろう」と威嚇してきた。 軍総参謀長は