200年以上昔の日本では、一流の詩人たちが耐えがたい夏の暑さにぼやいていた。 なかでも小林一茶は、三粒の雨で涼を取ることができたというどこかもの悲しい感謝の気持ちを俳句で見事に表現することができた。 だが、記録的な高温が観測され、外出を控えるよう訴える注意喚起が全国に出され、病院に担ぎ込まれる人が急増している昨今では、詩でぼやくだけでは十分ではない。 日本はかつてないほどの暑さに苦しめられており、死者も出ている。そして、保険会社はイノベーションに邁進している。 近年は、極端な気温になるのを免れている国などほとんどない。そうした現象が起こる頻度は今後世界的に高まる一方だと予想する研究報告も多い。