方広寺の鐘銘を口実に豊臣家を挑発して戦争に持ち込み、大坂城の内堀の埋め立てなどの謀略によって豊臣家を滅ぼしたという認識が徳川家康の「狸親父」イメージを決定づけた。江戸時代、方広寺鐘銘事件はどう描かれたのだろうか。