過去1年の円安に関して、「日本売りの色合いを帯びている」と筆者が述べていることから、「インフレに伴う国債の暴落」、ひいては「日銀の財務健全性」も円売りの背景なのかと聞かれることが増えている。果たして、両者には関係があるのだろうか。