大きな節目は必ずしも、変化の重要な瞬間にならない。むしろ、もうこれ以上は無視できないと歴史が告げる瞬間を意味している。2月24日はロシアがウクライナに侵攻した日だ。この日は今後、世界が明らかに複数のブロックに分裂した日としても記録されることになる。