恐ろしいことに、以前は共産党批判が否とされたが、今では日本人を賞賛することさえも問題視される。今や中国の学生にとっては、教授の「誤った言論」を通報することが正義なのだ。