これがどう終わるのかは誰にも分からない。だが、どう始まったかは分かっている。ウラジーミル・プーチンは罪のない国に対して理不尽な攻撃を仕掛けた。欧州の地において1945年以来最悪の侵略行為を犯し、この卑劣な行為をとんでもない嘘で正当化した。一方で、差し当たり、西側諸国を結束させた。