英国のボリス・ジョンソン首相は1月31日、窮地を脱した男のような雰囲気を漂わせながら下院の議場に入った。立ち去った頃には、仲間の議員たちは、首相がまたしても墓穴を掘ったのではないかと思っていた。