この展開は誰しも、すっかり陳腐化するほどニュースで散々見てきたはずだ。原因が病気であれ犯罪、公共の安全を脅かす危険であれ、とある遺族が愛する人を奪ったものと戦う運動に乗り出す。するとキャンペーンが立ち上がる。そして寄付金が流れ込んでくる。