金融引き締めに前向きな米国のインフレ・タカ派は常に、おおかみ少年のように騒ぎがちだ。2008年以降の数年間、結局一度も到来しなかったハイパーインフレについて警鐘を鳴らし続けたことから、タカ派が昨年同じ警告を発した時、はっとして注意を傾けた人が極めて少なかったことも意外ではない。