ポーランドには、LGBTQ(性的マイノリティー)について、これは家族の概念を「損なう」価値観だとして、そのような価値観は否定すると公言している県や自治体がある。