複数の容疑をかけられ、軍政の影響下にあるミャンマーの特別法廷に立たされているアウン・サン・スー・チーさんが、10月26日に初めて証言台で発言した。スー・チーさんの弁護団には軍政側から箝口令が敷かれているのだが、一部メディアがその証言内容の一端を伝えている。