イギリスの王室のチャールズ皇太子は、1970年代から環境保護活動に携わってきた。11月に英グラスゴーで開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)を前に、皇太子自身の数十年にわたる活動や、政府や民間団体の取り組み、そして今後の展望などについて話を聞いた。