「ペクデガリ(白あたま)」とは、オートバイに乗っている交通保安員(交通巡査)を指す言葉だ。白いオートバイに乗り、白いヘルメットで取り締まることから「白い頭」を意味するペクデガリと名付けられた。しかし、単に白いヘルメットだけをかぶっているから付けられた名前ではない。交通保安員たちの振る舞いと権勢が天を突くほど高いことから付けられた名でもある。ペクデガリの権勢は果たしてどの程度だろうか。