外国企業が中国共産党からのたかりに耐えるというのは、今に始まったことではない。この軍隊は非常に重い税と罰金を科して所有者を痛めつけ、その負担があまりに大きかったため、外国企業は最終的に資産を無償で手放していった。