「アベノミクス」という景気刺激策が打たれた2010年代の日本経済における大きな謎の一つに、人口の高齢化が急速に進んでいるのに働く世代の賃金はなぜ上昇しないのか、というものがあった。理屈はこうだ。