中国の指導者である習近平国家主席が経済の現実と衝突した。民間企業に対する習氏の統制強化は、経済にとって大きな重荷になってきた。最も無防備なセクターは不動産、特に住宅だ。中国は過去20年間、長い不動産ブームを謳歌してきたが、それが今、終わりを迎えようとしている。