東京パラリンピックが8月24日、天皇陛下の開会宣言で開幕した。天皇陛下が「呼吸機能の弱いアスリートや基礎疾患を抱えるアスリートの重症化のリスク」を心配される(国際パラリンピック委員会=IPO=幹部へのご挨拶)中でのパラリンピックの開催強行だった。世界はどう見たか。意外にも海外メディアは五輪の時とは異なり、好感を持って開幕の模様を報じた。