2004年に設置され、日本で初めて経営系大学・大学院の国際認証機関EFMDからEPAS認証(現EFMD Accredited MBA)を獲得するなど、国際水準のMBAカリキュラムを持つ明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科(通称MBS /明治大学ビジネススクール)。 MBSでは、マネジメント、マーケティング、ファイナンス・リアルエステート、ビジネスロー、アカウンティングという5つの学問分野に加え、スタートアップビジネスとファミリービジネスという分野を横断した2つの履修モデル「クラスター(科目群)」を設定。たとえばスタートアップの起業などを目指す人などは、スタートアップビジネスのクラスタ