東京五輪まであと10日あまりに迫り、米国から選手団だけでなくメディアの人々も続々来日し始めている。しかし、米国人ジャーナリストの間には東京に行きたくない症候群が蔓延しているという。その理由はずばり、ワクチン接種率の低さだ。