欧州では政府や企業が訴訟に敗れ、裁判所から二酸化炭素(CO2)削減を加速するよう強制される例が増えている。学界からは「化石燃料関連の設備は収益を生まない座礁資産と化し、石油文明は2028年までに崩壊する」という意見すら出ている。