目先の売上げや利益だけでなく、資本効率性や事業別の稼ぐ力を見極めながらポートフォリオを組んでいく経営スタイルへと移行しながら、真の生産性を改善していく。先が見えない時代の日本企業にはこうした企業変革が求められている。今回はその先進企業として、2019年からROIC重視の経営へとかじを切ったキリングループに、その背景と取り組みを聞いた。