かつて日朝両政府が推進した在日朝鮮人とその家族を対象にした「帰国事業」。1959年からの25年間で9万3000人以上が「地上の楽園」と喧伝された北朝鮮に渡航したとされる。その多くは極貧と差別に苦しめられた。両親とともに1960年に北朝鮮に渡った脱北医師、李泰炅氏の手記の3回目。念願の脱北を果たした李泰炅氏だが、タイに向かう途中のミャンマー国境で拘束されてしまう。