大阪府警の所轄署で鑑識係を務めた村上和郎氏は、約38年間の勤務の中で4000体もの変死体と向き合ってきた経験を持つ。ある日、呉服店で店主の首吊り遺体が発見された。しかし、胸部と腹部に複数の刺し傷があった。自殺か、あるいは他殺か。死の真相はどうやって確認されたか。