3月下旬、20万トンもの重量がある象徴によって、スエズ運河が1週間近く通行不能に陥った。座礁して航路を塞いだ「エバーギブン」は世界最大級のコンテナ船であるだけでなく、今では行き過ぎたグローバル化の反動の象徴にもなっている。