反目し合った45年間に、米国とソビエト連邦は世界各地で代理戦争を戦った。だが、冷戦が最も激しかったのは欧州だった。ソ連は衛星国の離反を絶えず恐れ、米国は同盟国がソ連に寛大になっていくことを常に懸念していた。幸い、米国と中国の対立はこれとは異なる。