過疎化が進む地方で急務となる関係人口の創出。そのため重要なのは「観光や交流」だという。しかし近年のインバウンド需要や無理のある観光施策は、関係人口につながりにくい。各地の事例を見ながら、まちづくりの魅力を伝えてきた本連載の最終回では、これからの地域を担う「観光×まちづくり」のあり方を考える。