中国の習近平国家主席は12月の初め、共産党が自らに課した締め切りを守ったと胸を張った。極度の貧困(1日当たりの収入が1ドルを少し上回る水準と定義される)を中国から排除したというのだ。当然ながら、共産党は極貧との戦いに勝利したことを他国に伝えたがっている。