トランプ政権の功績は、中国の権威主義的な脅威を認識したところにある。この脅威にどう対処すべきかを解き明かすことが、バイデン新政権の課題になる。ドナルド・トランプ氏が本能的に取った行動は、米国が独力でこの戦いに臨むことだった。昔からの同盟国は手下であり、パートナーではなかった。バイデン氏は自らの対中国戦略を用意するにあたり、前任者とは異なる道を選ぶべきだ。