筆者が今年に入って目にした、世界の民主主義の先進国についての発言の中で最も思慮分別に富む指摘だと感じたのは、スパイによるものだった。英国秘密情報部(通称MI6)長官を先日退任したアレックス・ヤンガー氏は、西側社会を転覆させようとするロシアなどの取り組みに過剰反応すべきではないと警告した。