新工場竣工の1年前、恭平は高校の同期卒業生の代表に祭り上げられた。そして、新工場竣工の翌年4月から1年間、卒業後24年を経た恭平たち同期が、当番幹事として同窓会運営の世話をすることが義務付けられていた。