新作映画で話題になっているミッドウェイ海戦。真珠湾奇襲以来、連戦連勝をつづけてきた日本海軍は、1942年(昭和17)6月のミッドウェイ海戦で、主力空母4隻を一挙に失う惨敗を喫する。これが、太平洋の戦いにおけるターニングポイントとなった。