日産が重大局面を迎えている。前期の連結決算で6712億円もの最終赤字を出しているが、今期も同程度の赤字になる見込みという。米国と欧州で社債を発行し巨額の資金調達を行うが、それで経営が改善するかどうかは不透明だ。そんな日産に強力なプラス材料が舞い込んだ。日産本社のある横浜市西区を選挙区とする菅義偉氏の首相就任だ。地元の大企業をみすみす破たんさせるわけにはいくまい。菅首相も日産救済に向けて動きだした模様だ。果たして日産の行く末は。