米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスが公衆衛生の発展を「後退」させたと指摘。途上国にもワクチンが行き渡るような計画が必要だと述べた。また、新型ウイルスやワクチンに関する陰謀論にも言及した。