テロという単語を耳にしたら、ほとんどの米国人はすぐにイスラム過激派のことを思い浮かべるだろう。この9月11日は、2001年の同時多発テロから19年目にあたる日だった。実を言えば、今日の米国がもっと心配しなければならないのは、極右勢力による脅威だ。